事業再生コンサルタント野呂社長のブログ

全国の中小企業の事業再生を展開している野呂社長のブログです

社長のトリセツ~金が無いから何もできないは金があっても何もできない

西日本の皆様には、我慢するしかありませんという言葉しか見つかりません。不眠不休でやっているのでしょうけれどもライフラインの復旧だけは急いでもらいたい。

いよいよ高校野球の県予選が始まり、今年は母校が一回戦負けとなった。私は野球部じゃないけれど笑。県予選が始まると夏が始まると体時計が一気に夏モードになるものだが梅雨明けが早かったせいか、いまごろ高校野球かと体が言っている。

それにしても暑い、水分補給が間に合わない。とんでもない気温だ。

昨日は当社の宅建免許の更新のための書類作成を一日かけて作成した。業界の方しかわからないかと思いますが不動産会社の宅建免許は5年ごとに更新します。

例えば東京都知事(1)第95881号が今の当社の免許番号、更新すると東京都知事(2)第95881号になります。括弧の中の数字が2になるだけですが、この2が大事。 信頼の2!笑 言いすぎかな、それでも作り立ての会社じゃないことだけはわかってもらえる。

融資を出す金融機関からの信頼も違うと聞きます。感無量です、非常にうれしく、自分たちのやっていたことがまた一つ細やかながら認められます。

法人専用の不動産サイトも来週にオープン予定。ご期待ください。

さて、当社の支援先の方々でも金があればこうしたい!ああしたい!と理想だけを打ち立てる方が多いのも事実です。金額はざっくばらんで3000万とか一億とか笑

でもそれってあまりにも春待ち症候群であり、現実味がないのです。バイクであればカスタムパーツを作って日本全国に売却したいとか、綺麗な店舗で写真を撮りたいなど。 夢を持つのは結構、ただそれだけでは経営者とは言わないし、間違いなく実現不可でしょう。

金があったら~~~~~なになに!では何も実現しないのだとまずは理解すること。あといくらあればこれができると考える。例えば頭の中にある新規事業を始めるには24,987,555円必要でそのうち15,000,000円は用意できると。

それを自分で書面で作成できれば、尚更いいと思います。

金が無い奴ほど理想と綺麗ごとを話します。話して終わりです、そのままでは。

実現するために金が必要不可欠ですが、頭の中の設計図を書面で起こす、手書きで結構。そして何より大事なのは金を得る前にできることは何か?考えて少なからず行動すること。

行動しない人ほど金だけに憧れる現実。明日あなたにお金が降ってきてもそれでは遊んで全てを使い果たすでしょう。


代表取締役 野呂一哉

社長のトリセツ~敗北から始める諦めない人生

いよいよ西日本も梅雨明けとなり、大惨事となっている地域の皆さんに弱り目に祟り目となった。


私を含んで関東の人間kら見れば対岸の火事である。本当に無力だ。 

3.11の被災者の方で、我々が大変なときに多くの関西の方々が助けて下さったと新聞記事で拝見した。

阪神で大惨事があって、3.11があって、熊本地震があって各種大雨の被害で、
今度はいよいよ東京の番だと考えてもおかしくはない。
この西日本の災害で、実際に被害にあわれた方のコメントを現地のリポーターが読み上げていた。

「骨折れずにがんばろうと思うが、さすがに今回は骨が折れました。」 

こういう時に諦めずにがんばってくださいと言う言葉は届かないと 持論


次はだれかの番、今回はたまたま我々の番だと念じるしかない。

いずれは私が住む千葉市だって大災害となろう。
それにしても阪神大震災や3.11並みの避難者がいることに驚くばかりです。

 一日でも早く物流の復活を願うばかりです。

この土曜日に叔母の紹介で小田原の会社さんと新規面談を行った。

資金繰りの悪化が自分の責任であると攻める社長さんに、下を俯いたままの経理担当の奥様。 


気持ちだけでいいです。 それよりも早く金融機関対策と税金対策、

何よりも急がねばならないのは日々の資金繰り対応です。

しばらくは千葉から小田原までの行き来が必須だが、

売上が下がっている訳ではないので大丈夫だろう。

助成金も利用して設備投資の足しにすることも必須。

未払金や買掛金や返済を期限内に実行することは必要なことです。

誰だって期限内に支払ってすっきりしたい。しかしながらそれを払うと次の入金までの一カ月が回らなくなる時って

中小企業だとよくあるのです。

この辺のバランスを保つ作業が日々の資金繰り。

いたずらに支払を遅らせるのではなくて、すべて社長さんの方から事前に連絡を入れて誠意を持って了解を得る。 


これが大事です。

 

ここへ来て私が秋葉原でやっている会社の支援先は非常に景気が悪く、

今までで一番といってもおかしくない。業種問わずだ。

中小企業はいつだって資金繰り難が背中合わせだ。背中合わせだからこそ、

背中のモンスターが叫び始めた時に動いたのでは遅いのです。

叫び始めるかなあ?と三か月前に気づいてあげる事、これが資金繰りのヒントです。

小田原の会社さんは自社工場や社員寮、社長さんの自宅など複数の不動産を所有する企業です。

やり方間違えれば全て吹っ飛びます。事業再生をお願いするコンサルタント会社を間違えれば不動産だけ売られて終わりです。

本当に不動産を売却しなければならないタイミングなのかをまず見極める。

事業で使用している工場は仮に所有者を変えて借りるとしたら月の賃料は想定いくらか

社員さんたちに自力でアパートなどを借りる資力があるか。会社負担賃料はどこまで伸ばせるか

金融機関はどこまで協力的か。

 

忙しく暑い、小田原での夏になりそうだ

 

今日はこの辺で  代表取締役 野呂一哉

社長のトリセツ~金を取るのでなくて理を取る

西日本を中心に大変な状況だ。過去にも豪雨で被害が出た地域であるにもかかわらず、今回も同じような被害が出ていることに疑問を感じる。亡くなられた方もでている。今、自分は無力だ。


何気に梅雨に舞い戻ったような気候が続く。降りすぎても困る。

私が住む自宅の最寄りの駅がJR千葉駅であり、駅ビルの中がほぼほぼ全面開業となった。もっと駅から離れているところにあったお店がそろって駅ビルに入ってしまい、駅から私の自宅方面はシャッター街の勢いが増す。

これを書いている時に久々に千葉県の緊急地震速報を聞く。久々に聞くとびびる。

西日本の大雨と地震、今夜だけは西日本に地震だけは来ないでくれ。

結果を人の責任にする人間は多い、それはそれで結構。凡人な行動だが世の中凡人が多いから仕方ない。
しかしながら、人の責任にするその先って何かあるのかと私は考える。

私も会社の人間がミスを犯したときに機嫌次第では頭に血が登る時がある。一瞬考える。

子供のようなミスを犯したときに私は容赦しない。今回のミスの原因を追究して二度と起こさない事を一緒に確認する。 それだけだ。次やったら抹殺だ笑

ダメな社長はミスを犯した人間を怒って終わるだけ。ひどいと仕事ができない奴だと口に出す。やる気がなくなるまで痛めつける。 次につながらない。

全てを人の責任にする人間がいる。顧客の前で私は間違っていないとカミングアウトする。責任をなすりつけられた人間は自分の責任だと感じるか、相手に噛みつく。

噛みつく癖をつけるとことは大事なことなのだが、状況によっては反省をしない人間を産むことが殆どだ。

大事なのはどうしてそう思うのか。なぜ私の責任なのかを互いに話し合うことなのだが、ここまで余裕のある人間はそういない。

だけれども、互いに対話することの重要性は、非常に大切であり経営者であるならば必須だ。


人の責任にすることに慣れてしまっている輩で会社経営がうまくいっている社長さんに出会ったことが無い。

私の意見はそう間違っていないと思う。

最後に九州、西日本の方々に辛抱という言葉を送りたい。あきらめない勇気はこの世で一番大変です。

 

社長のトリセツ~特別なことをするために、普段どおりの当たり前のことをする。

これが真夏か笑。非常に暑いですね、夏を商売にしている方々はもうウキウキだとか。夏は暑い方が景気がよくなる・・・・らしい。

ソフトドリンクにビール、海の家にエアコン屋さんなど。私も30手前で失業した時に一時的に親父のエアコン屋のバイトをしていた。あのときの劣等感と今の人生を変えていきたい!という思いで必死でやった。

初めて親父の背中を見た瞬間でしょうか。病に倒れた母親のために必死に真夏に働く親父の姿を見ていた。重たい室外機をエレベーターの無い団地の五階まで上げるときは何回か気を失いそうになったけど笑。

いい思い出であり、人生の糧かもしれません。

いよいよ、私の個人プロジェクトが動き出す。もう一つ会社を作って今までにない不動産会社の歴史を作っていこうと思う。私を支えてくれるメンバーも非常に強力だ。

ここには書けないが、かなりのビッグプロジェクトとなる。地道に23歳から不動産仲介業に身を置き、電鉄系、信託銀行系とキャリアを積んで中小企業の事業再生事業に関わる任意売却と出会い、今ここに金字塔を打ち立てて誰にも倒せない企業を作りたいと考える。

今からでもワクワクしており、日本中の不動産を自分の目で見て判断したいと考える。内容はここへは書きません笑


地道に一歩一歩進んで時には奈落の底へ突き落され、時には裏切りにもあったこの20年間。けど、ようやく信頼できる仲間が4人できて、これからは新会社のために生きようと考える。

今のアセットアシストはいつの間にか自分の好きなことがやれない状況になっており、ひょっとすると今期で解散してしまおうかと思う。

新たに作る新会社でももちろん事業再生会社と任意売却は実行するつもりですが、こちらの分野は私より優秀な他の3人に任せて、私は日本中の売却中の一棟マンションを視察する業務で今後は多忙になりそうだ。

顧客のために生きる、そして稼ぐ、うまいビールを飲む、鮭の切り身とみそ汁で飯を食べる。

これだけあればいい。

ブログももちろん続けますよ。引退するわけではない笑。精度の高い事業再生事業と任意売却事業そして新たに生まれる事業の3本柱で夢を叶えようと本気で考える今日の夜。


今日はこの辺で  代表取締役 野呂一哉

社長のトリセツ~人生は気づいた方が勝つ

おはようございます。完全なる梅雨明けなのか?気持ちいいが、6月の梅雨明けを経験するとは笑

第一四半期が終わり、私も昨日は支援先企業での会計業務に没頭した。資金繰りは極めて厳しいが日々管理しているので慌てるわけでもなく、落胆するわけでもなく、年金事務所と税務署に今月納める保険料と税金の繰り延べをお願いする電話をしただけだ。

社長さんと社員さんには売上を上げるための作品の制作に集中してもらうために、カネがないことを皆にシェアはするが嘆かない。だって単に金が無いだけですからね。

この先の入金の予定を知っているから、こうできる。先の出金を常にカウントしてあるからこうできる。単純だが中身は複雑です。それでも管理すればやっていけるようになるものだ。

この会社は力強い、決して経営は楽じゃないが社長さん以下全社員が売上アップのために全員で集中している。

それにしても当社の支援先企業さんはここのところ売上が低迷している。

ひっきりなしに会社の経営状態の厳しさを嘆いてくる旦那さんがいる。いつも夫婦喧嘩している方ですが、残念ながら社長は奥さん。何も決裁権が無いので、可哀そうなのだが。

会社の中はバラバラだ。

社長のせいにしていつも私に文句を聞いてもらいたいと電話してくる。奥さんも会えば旦那さんの文句ばかり。挙句の果てには数年前の事項を話し始めてあのときこうすればよかったのに、あなたがこう言ったから今の悲惨な状況が生まれたといいはなつ。

気づかない、気づいていない。 人間は人の責任にした時点で負けだということを。

そのうち気づかせてあげよう。本来は自分がどう感じるかなのだが、感じない人も世の中にはいる。

できれば言葉でなく私の行動と振る舞いで気づかせてあげたいものだ。


今日はこの辺で  代表取締役 野呂一哉

社長のトリセツ~勇気が無くなった時、人生の全てを失う

今日はワールドカップ明けだから早めにブログを書こう笑。 これから始まるセネガル戦、勝ってもらいたいがそう甘くはないのかな。明日の朝が楽しみだ。いや今日か笑

昨日は妹が生まれたての子供を連れて私の家を訪ねてくれた。涼しい公園からの風と、家の中を吹き抜ける夕風がなんとも心地よかった。子供も風を感じてあまり泣かない、うちの親父も嬉しそうだ。

ここのところ多忙で先祖の墓参りに行けなかったので、久々に行きたいと考えた。ざっと半月ほど行っていないので恐る恐る行ってみたが、完ぺきなほどのどくだみ草の天国で手で全部引っこ抜いた。
大事な植木が植えてあるので除草剤は使えない、一つ一つ汗だくになりなが引っこ抜く。霊園は珍しく人が多く、静かに梅雨時の風が流れる。

もうだめだと考えたことは誰でもあることだと思います。私だって経験があります。

ただ、もうだめだと思った時に終活をした時点で負けだと私は考えるのです。実行に移すかどうか。

終活に向けての第一歩はやらなくていい。もう一度だけ自分をからかってみましょう。ただの擦り傷事故だと。
年齢関係ありません。 長く生きてりゃいろいろあります。才能ある人間ほど周りからいじめられるといいます。
それは人から出会ったり物理的であったりと。

人を恨む体力はもったいない、自分がさらに強くなりましょう。強くなったらそんな糞な奴はくたばってますから。
代表取締役 野呂一哉

社長のトリセツ~人格が運命を変え運命が宿命を変える

おはようございます。やはり熱くなると苦しくなりますね、外に出るのも嫌だが最近はジムに通って本格的に汗を流しているせいか汗が心地よく感じる。

同年代の男連中と酒を酌み交わすと仕事の話より糖尿の話を始めるやつが多くなった笑、いいおっさんだ。

当社の支援先については、ここへきて業種問わず売り上げダウンとなっている企業が目立つ。当社との付き合いとなり、最悪の売上高を記録している企業もある。何か本当に日本経済の一番裏にいるモンスターがいよいよ動き出した感がある。

業種問わずここまで低迷するわのは私も初めてだ。消費税の増税を来年に控えて本来であれば更に損益重視の売上アップを見込みたいところなのだが・・・・さて。

ここのところは私のサイトへ問い合わせしてきて下さる方が多いのだが、どうしても新規面談で吐き出せない方が多い。

吐き出せない人というのは、金払うんだから再生しろよ!みたいな態度の方が多くお話していてこっちのやる気さえも削ぐような態度の方が多いこと。

経理担当者を一緒に連れてきて、面談が始まったかと思えば社長さんが経理担当者を叱責する例もある。ここぞとばかりに私はそういった社長さんを叱責する笑。じゃないと企業再生ってできませんからね。

ひどいのは夫婦喧嘩を始める同族経営の方々・・・・・・悲

一つ一つの新規面談はおおよそ3時間程度、私は時間をかけます。それでも足りないくらいですが、これ以上やるとお互いに集中力がもたないので。その3時間で私が見破るのは、社長さんの人格です。 どんなに中堅どころといわれる企業であっても私は社長さんの人格で支援するかどうかを決定します。

高額のコンサルタント料を取れる可能性のある企業さんでも、私は断るときは断ります。よそにいってもらえますか?と。

そういった社長さんの会社は再生できずに終わることが殆どであり、支援契約をして悪知恵を利用する仲間にされるだけであり、結局私に怒鳴られて終了することになるからだ。

悪知恵を働かす社長さんの秘書にはなりませんよという話です。


人格を変えることは容易でないけど、変えようとしないといつまでたってもそのままです。人格が運命を変え、変わった運命が宿命を呼ぶ。

私はその通り祖母に教わり、今生きている。
代表取締役 野呂一哉