読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

事業再生コンサルタント野呂社長のブログ

全国の中小企業の事業再生を展開している野呂社長のブログです

我欲を捨てる度胸

おはようございます。久々に土曜日に休んでいる。ここのところは叔母の不動産取引につきっきりで本業と合わせて年末から本当に忙しかった。
 
やっと一息つけるだろうか。
 
愛車のフロントガラスに飛び石でヒビが割れてから車を通勤で使うことを控えた。あのひび割れを発見した時の絶望感はなんとも悲惨だ。毎日乗っていたことを悔やむときもあり、毎日乗りたいのだけれどもなんとも悩む。
 
昨日は神田の支援先の経理作業を行った。金曜日に放映されたカンブリア宮殿が高視聴率で請求できる売掛金も若干サービスがついて、担当したプロデューサーも満面の笑みだった。
 
何を隠そう、私もこのカンブリア宮殿に出演した。笑。かなりの笑い話になるが、番組の内容は別として私がメタボおなかのモデルとして2秒ほど出演したのだ笑
 
本当の笑い話だ。初のテレビ出演がお腹だけであり、しかもカンブリア宮殿とは。悲しくもうれしくもある。
 
最近はもっぱら電車で通勤している。先ほど書いたように大事にしていた車のフロントガラスが破損してしまったので、今は正直毎日乗る勇気が無いのだ。
 
生まれ持ってのスピード狂!飛んでくる飛び石だってかなりの威力がある。
 
今までは電車に乗る際には普通車両がどんなに空いてようが、まずはグリーン車。どこか普通車両に乗ることを負け組だと思っていた。この1年間、本業と叔母の事業の掛け持ちで収入が3倍になったことも理由と言える。
 
数年前に普通車両に乗っていて、酔っ払いと大喧嘩になり頭を叩かれた事件もあり笑、満員電車に乗ることを嫌がっていた自分もいた。殴りはしなかったが口で応戦したため警察沙汰となった。悪いのは向こうの方で、完全に平謝りだったが、なんとも後味の悪い年末だった。
 
 
 
しかしながら、歳のせいか本をよく読むようになっていて集中して読みたいときはグリーン車よりも普通車両の方が本が頭に入ってくることを今更ながらに覚えた。
 
グリーン車は静かすぎて音読が出来ない。普通車両はいろんな人が話しているし、音読をしながら本を読んでいても目立たなくて非常に頭に入ってくる。今更ながら受験生並みの集中力で毎日の通勤を読書の時間として利用している。
 
もっともっと自然体で生きていたいなと思った。ここから先、もっと上のステージにあがることは簡単だ。金を使えばいい。たとえ一人であっても。
 
難しいのは上のステージに上がった時にそこで新たに作る会社を経営し続けることができるかどうか?今のままじゃ無理だろう。
 
当社のお客さんも過去の成功にしがみついて、なかなか我欲を捨てることができないでいる時がある。そう、丸腰になることができないのだ。
 
あなたの会社にもいるだろう?自分より格下の人間としか勝負しないやつ。常に私はあなたより勝っていると重箱の隅をつつきながら1ミリでも大きく見せようとするやつ。
 
すべては放っておく。本気で相手にしない。不安は放っておこう。この三原則でいい。そして常に元気の自家発電をする。自家発電の方法は人それぞれだから、教えてあげることはできない。
 
常に丸腰で上等だ。どんな状況に立たされても、自分で自分を信じ続けよう。 今日はこの辺で
 
 
 
代表取締役 野呂一哉
 
 
 
 

国書店にて、好評発売中

 

祈る~それはあきらめない勇気だ

おはようございます。今日は比較的穏やかな天候のよう。それにしてもいい天気だ。トランプさんの就任式会場付近はなかなかの大荒れだったようだが、さて。
 
今までの紳士的な大統領とはかなり違うけど、半年後にどのような評価をされているかに期待したい。ビジネスマンだというなら彼の手腕が大統領として通用するのか。批判的な意見が多いが、ビジネスマンらしく結果が出るかどうか。
 
昨日は茨城県の支援先まで修理に出していた愛車を受け取りに行った。千葉市内のICから茨城県は牛久まで。ちょうど片道一時間半のドライブ。それにしても天気のいい日に車に乗るのはいい気分だ。
 
この支援先とはもう4年の付き合いになるだろうか。資金繰りは今でも決して楽じゃないが、なんとかして会社を回しきっている。色々なトラブルは出てくるけれども、んあんとかして対応して、ここまでやってきている。 社長さんの運の強さはこういったところに出てくるのかな。
 
当社の支援先をお願いしている税理士から連絡があった。支払い調書の人数が多すぎて対応できないらしい笑。仕方がない、こちらで作成するか。毎月の料金をけちるとこういう形になるのかな。笑
 
愛車が戻ってきたことが非常にうれしい。私は子供はいないけれども2週間ぶりに我が子に再会した気分だ、血を分けた子供に出会うとなったらこの数万倍うれしいんでしょうね。
 
車が壊れなければ友人家族とイチゴ狩りに行く予定だった。友人のFACEBOOKには大きなイチゴと共にとびっきりの笑顔で写る娘さんの写真が掲載されている。本当に大きいな笑、このいちご。行きたかった笑
 
 夜には叔母の紹介で不動産の売却希望の方とお会いした。任意売却ではなく、川崎駅前に収益物件を所有している方だ。これを売却して新たに銀行情報筋の収益物件を購入したいという。なるほど羨ましいほどのVIPさんだ。
 
二時間ほど打ち合わせして来週に物件を見せてもらうことにした。ざっと4億くらいの取引になる。それにしても羨ましいなあ笑。昔は経営している会社が窮地に立たされた時もあったとのこと。
それにしてもここまでのリカバリーはすごい!おじいさんが作った会社を今はお孫さんである娘さんが切り盛りしている。
 
窮地に立たされた時にしたこと、それは毎日祈ってあきらめようとしてしまう弱い気持ちを押し殺したことにあるようだ。なんとも深い。実務的なことは税理士さんにお任せしたようだけど、ここまでの回復は並大抵の人格じゃ達成できない。
 
もう少しお話を聞いて、私も新規面談で来社される方にお話しできればと思うのだ。
 
私自身も今年もあきらめず、できない理由よりできる道筋を常に考えることに違う意味で執着したい。そう思うのだ。
 
 
 
 
 

代表取締役 野呂一哉

f:id:aac1216:20150501082552j:plain

人に始まり人で継続し、人で踏ん張る

おはようございます。今日は茨城県内の支援先を朝から2社ほど定期訪問させて頂きます。すがすがしい朝です。
 
私の愛車がフロントガラスへの飛び石によってヒビが入り、今日から入院だ。支援先である車販売業者に依頼する。今日、訪問することがわかっていたかのように、昨日にヒビが入った。これも運命か笑
 
悲しいが仕方がない。車に詳しい友人に相談したところ、彼は過去二回も被害にあってフロントガラスを全面交換したらしい。俺は運がいいのかな笑
 
オフィス街のポストは夜になると投函された郵便物でいっぱいだ。実際に投函したい自分の郵便物がポストへ入らない時がある。オフィス街で働いている人は経験がある人もいると思う。
 
投函しようとすると前に入れた人の郵便物を手で触ることができる。抜こうと思えばできる、やらないけど。悪意のある人間に盗まれたらどうすんだ?と思いながらその場を立ち去るのだが・・・
 
これだけ常識のない人間が社会人にいるのかと悲しくなってくる。会社の大事な郵便物を他人の手に自由に触れさすなんて・・・・そう思いませんか?
 
安全大国日本ですか?????
 
 
私の会社の社員が会社の郵便物をこのように投函していたら、はっきり言って懲戒免職だ。コンプライアンス?誰のための言葉だろうか。やはり、日本のサラリーマンOLは無能なのか。
 
完全に投函しきれない郵便物を中途半端にポストに置いて、なぜ帰路につける?はっきりと言わせてもらおう、お前ら人間として頭大丈夫かと。
 
 
人のマネジメントが一番難しい。人を使うのが一番難しい。私も経営者として痛感する。
 
ただ、私が週に数回ほど経理担当者として行かせて頂いている番組制作会社は人により仕事が生まれ、人によって売り上げがあがり、人によって時には報酬の支払いを我慢してもらって会社が継続している。
 
会社にとって一番大事なのはヒトだ。ヒト、モノ、カネ、モノもカネも人次第。 難しいねえ経営って。
 
 
今日はこの辺で。
 
 
 
 
 
 

代表取締役 野呂一哉

 

そう、転んだら起きるそして前に歩く

おはようございます。あっという間に日ですね。明日から仕事だという方もいらっしゃるかと思います。そういう私がさっそく明日からです。
 
今週末は連休となっているからまだリラックスできますね。お正月はまだ終わりませんね。
 
この年末はおせち料理に加えて年内に通販でカニとイクラを購入した。初めての試みだったが、幸運にも大当たりだった。値段もそんなに高くなく非常においしいものだった。今年の年末も無事に購入できるようにこの一年間、仕事をがんばろう。
 
ある程度の食料を事前に用意しておくと大晦日の買い物が楽だし余計なものを買わなくて済むということがわかった。これからはこのスタイルを貫こう。
 
 
クリスマスから年末年始の忘年会、お正月があって新年会があってと楽しいイベントがこの2週間ばかり続いた。年末にこそ支払うべきだった取引先への支払いはなんとか1月中旬に延ばしてもらったという社長さんは、なんてったって毎年この時期に多い。
 
臭いものには蓋をすることができたが、醗酵しすぎてガスがたまって蓋がまた再び開いてしまう。耳が痛い方は数多くいらっしゃるかと思います。
 
あなたの会社、ほとんどの場合はただ一回転んで、かすり傷を受けただけ。転んだら立てばいい。何気にここまでは凡人でもできる。
 
問題はこの先だ。起きて立って、また前に歩く根性があるかどうかだ。
 
歩き始める根性があるならぜひ当社に一度ご来社ください。当社が全てやってくれると勘違いされている方は来ないでもらいたい。社長が何もやらない事業再生は存在しない。そんな会社はとっとと畳んで雇われになった方が無難だ。
 
新年が明けたとは言え、今年の日本も先行きは不透明だ。株価が上がったって潤うのは上場企業の社員であり、経営者は本当に不安な夜を過ごしていると思います。
 
ただちょっとの勇気で、その不安は絶対に取り除かれます。我々と一緒に会社を再生する2017年にしましょう。
 
いつだって会いに来てください。今日はこの辺で
 
 

代表取締役 野呂一哉

 

国書店にて、好評発売中

f:id:aac1216:20150501082552j:plain

失敗無き者に成功はなし~溜めずにモノを言う人生

こんにちは。数日前まで暖かく気を抜いていたら冬に戻って、私の周りの人間は風邪ッピキばかりだ。笑
 
金曜日の夜に高校時代の仲間と忘年会を開いた。皆、親となりパパとなり、ママとなり。意外と高校時代から結婚するまでやんちゃしていた男や女がしっかりとパパママをやっている。人生の若いころに必要なのは、遊びとやんちゃかな笑
 
自慢できるのはかつて木村拓哉が在籍していたことと、マツコデラックスが卒業生であること。鹿島アントラーズにいた大野選手のお兄さんが教員で在籍していたことくらいか。
 
偏差値は決して有名大学に入れるほどのものじゃないなが、この仲間と出会えたことに感謝した夜だった。
 
昨日は自宅から車で10分くらいのところにある、母親と祖母がいる霊園へ年末のお墓掃除にいった。クリスマスだけど何気に訪問している方は多い。
 
この時期なので夏のように草は生えていない。落ち葉を拾って、墓石を磨き上げる。墓内に植えてある樒という緑の植物を裁断して、水を交換して新たに剪定ばさみで取ったものを手向ける。年末だから線香は多めに。
 
そしてこう話しかけるのだ・・今年も無事にクリスマスを迎えられましたと・・・・・・生かせていただいている、そして無事に過ごせている、これでいいのだ。
 
もう一つ、母型の祖母の兄弟の墓も霊園内にあり、こちらは親族が高齢で定期的に墓参りに来れない。正直、このお墓に入っている方とは全くお会いしたことが無いのだけれど、小学生のころから婆ちゃんとお盆や彼岸に一緒に来た。
 
汗だくになって草取りをしている祖母の後姿を見て育った私の役目だ。こちらも綺麗に掃除させて頂いた。 この達成感、なんとも言えない。
 
生かせていただいている。これだけでいい。 これであとは三が日にもういちど会いに行こう。
 
支援先の社長から電話が入る。延ばし延ばし支払いを約束してきた取引先から催促が来ているようだ。12月の売り上げはなかなか芳しくないようだ。
 
あなたの責任ではない。ただ、責任をほかの人間へ転嫁しようとしないあなたは、間違いなく当社にふさわしい顧客だ。地獄まで一緒に行こう。
 
 
失敗して学ぶ、失敗して反省して生きる。これが人間の人生だ。私には怖いものは無い。ダメなものはダメだと言うし、間違っているものにはモノを言う。
 
自分の中にストレスを溜めない。成功とは決して笑顔で金メダルをもらうことだけじゃない。
 
私には怖いものがない。今まで散々、グシャグシャナ人生を歩んできた。下衆な輩にも散々、会って嫌な思いをしてきた。でもそいつら、今はもう最前線にいない。
 
自分の生き方が正しいとは言わないが、まだまっすぐで生き生きとしているを感じるのである。
 
 
さあ、大晦日が近づいてきた。 来年こそ!と思うならばら、ここらで本気になってみましょう。あなたの会社、俺が面倒見よう。今日はこの辺で。
 
 
 

代表取締役 野呂一哉

f:id:aac1216:20150501082552j:plain

大悪来れば大善来る~2016.師走

おはようございます。ようやくクリスマス二日目の到来だ。昨日は予約していたT社のケーキを受け取りに夕方まで仕事をやって、予約していたチキンを受け取って帰宅した。妹夫婦も来てくれて、それは盛り上がった。
 
今年も無事にクリスマスを迎えられ、楽しく過ごすことができた。仏間にある婆ちゃんと母親の遺影の前にチキンとケーキとビールを備えることが、私のクリスマスでもある。これで今年も無事に過ごせることが出来る。
 
街中も人がたくさん出ている。土日祭日を含めたクリスマスはやはり盛り上がりますね、平日の時とは大違い。某油で揚げていいないチキンの売り場は大混雑だった、今の主流はこういったやわらかいチキンなのかな笑、これもこれで大混雑だった。
 
年末から年明けすぐの新規面談の予約が後を絶たない。
 
当社は年内は30日までの営業のはずだったがここでなんとかしても大晦日なら当社のある秋葉原に来社できるとご予約が入ってきた。なるほど、皆必死だ。
 
来年の資金繰りの改善は今年中になんとかストレスを開放したい、誰もがそう思うのだろう。そう必死に考えるのは、本当に経営されている会社を再生したいと願うからだ。それでいいのだ、お正月の三が日に暗い気持ちでビールを飲みたくない。
 
少しでも希望をもってお正月を迎えたいものだ。人間は誰だって常に希望をもっていたい。
 
当社は無ければ払わなくていい、納税なんかするな、などと言った下衆なコンサルタント会社ではない。会社の体力に合わせて支払い方や納税などをサポートする会社だ。
 
日繰りを中心とした、苦しいながらにも会社を継続させるプロだ。潰れてしまえば、そこから給与は取れない。だけど、継続していけばなんとかして給与を取り続けることができる。
 
若い人ならば転職もできるだろうが、ベテランはそうは行かない。
 
当社のコンサルにミラクルは無い。泥臭く、一つずつ丁寧に痛みを取りながら再生に向かう。
 
大悪くれば大善来る。悪いことや悪い状況に直面していることは、きっと良いことがあることの予兆だと。私の婆ちゃんの口癖です。
 
経営者は常に希望を持っていたい、私も経営者です。
 
今日はこの辺で。
 
 

代表取締役 野呂一哉

 

不安は放っておく、あなたが強くなればいい~師走

おはようございます。パプアニューギニアでの地震が気になりますが、素敵な青空の日曜日ですね。

昨日は高校時代の友人と小さな忘年会を実施した。土曜日の夜でも千葉市の繁華街は人が出ていた。一次会を終えたお客さんを必死に引き留めて二次会へ誘う客引きのお兄さんたちが必死だった光景が面白い笑

 

稼ぎ時ですもんね。私は千葉県千葉市生まれ、育ちも現住所も千葉市。ここのところは、千葉三越の閉店や千葉PARCOの閉店もあって、あまりいいイメージではなかった。私の身内も千葉三越で働いている。

JR千葉駅が建て替え工事の第一期を迎え大盛況のよ うだ。第二期、第三期と数年おきに新しくなるみたい。千葉PARCOの跡地として、地元の不動産企業が複合型商業ビルを建築するとか。

なんかほっとする。まさにスクラップ&ビルド。時代は流れる。

 

12月に入ってから昨日まで、お電話やメールで新規面談のご予約を多数頂きました。会社を潰したくない、資金繰りがきつい!仕事が月単位で減少しているなど。皆さん必死です。

 

今まで必死になって経営されてきたのですから、ここからは必死になって当社と一緒になって必死に再生しましょう。迷う必要はありません。

 

今の現状が本当に厳しいんだという社長さんが本当に多いです。まさに試練の2016年師走に立たされている。この状況を全部自分で請け負ってしまうと体はいくつあったってもちません。精神的にだって体がもちませんよ。

 

試練の風を試練だと思ったら大変です。気持ちは抜いて、再生に向けた動きを半日でも早くはじめることです。

 

不安は放っておく、あなた自身が強くなる。それだけでいいのです。試練の風は気持ち次第でそよ風になる。

ただそよ風にするためには、精進しなければならない。当社と一緒に。

 

新年を気持ちよく迎えるため、当社は30日まで営業しております。迷う前にご相談を。今日はこの辺で。

 

代表取締役 野呂一哉

 

※おかげさまで、新規面談のご予約が取りづらい状況が続いております。誠に恐れ入ります。

比較的、平日の夜17:00以降、土日の午前中の時間帯がご予約がとりやすいです。どうぞよろしくお願い致します。

 

f:id:aac1216:20150501082552j:plain