事業再生コンサルタント野呂社長のブログ

全国の中小企業の事業再生を展開している野呂社長のブログです

人に始まり人で継続し、人で踏ん張る

おはようございます。今日は茨城県内の支援先を朝から2社ほど定期訪問させて頂きます。すがすがしい朝です。
 
私の愛車がフロントガラスへの飛び石によってヒビが入り、今日から入院だ。支援先である車販売業者に依頼する。今日、訪問することがわかっていたかのように、昨日にヒビが入った。これも運命か笑
 
悲しいが仕方がない。車に詳しい友人に相談したところ、彼は過去二回も被害にあってフロントガラスを全面交換したらしい。俺は運がいいのかな笑
 
オフィス街のポストは夜になると投函された郵便物でいっぱいだ。実際に投函したい自分の郵便物がポストへ入らない時がある。オフィス街で働いている人は経験がある人もいると思う。
 
投函しようとすると前に入れた人の郵便物を手で触ることができる。抜こうと思えばできる、やらないけど。悪意のある人間に盗まれたらどうすんだ?と思いながらその場を立ち去るのだが・・・
 
これだけ常識のない人間が社会人にいるのかと悲しくなってくる。会社の大事な郵便物を他人の手に自由に触れさすなんて・・・・そう思いませんか?
 
安全大国日本ですか?????
 
 
私の会社の社員が会社の郵便物をこのように投函していたら、はっきり言って懲戒免職だ。コンプライアンス?誰のための言葉だろうか。やはり、日本のサラリーマンOLは無能なのか。
 
完全に投函しきれない郵便物を中途半端にポストに置いて、なぜ帰路につける?はっきりと言わせてもらおう、お前ら人間として頭大丈夫かと。
 
 
人のマネジメントが一番難しい。人を使うのが一番難しい。私も経営者として痛感する。
 
ただ、私が週に数回ほど経理担当者として行かせて頂いている番組制作会社は人により仕事が生まれ、人によって売り上げがあがり、人によって時には報酬の支払いを我慢してもらって会社が継続している。
 
会社にとって一番大事なのはヒトだ。ヒト、モノ、カネ、モノもカネも人次第。 難しいねえ経営って。
 
 
今日はこの辺で。
 
 
 
 
 
 

代表取締役 野呂一哉